肩の痛み

ゴルフレッスンプロの肩の痛み

2ヶ月ほど前から右肩に痛みはあった、コースラウンド中にダフった時に右肩の前部に強い痛みがあったがその後おさまる。

レッスンは続けていたがフォロースルーに右腕が付いて行かず手を離してしまうほどになった。

1日目  テストでは(腱板筋群)棘上・棘下筋 肩甲下筋 上腕二頭筋腱 小円筋が陽性。

2日目  棘下筋と上腕二頭筋腱に痛みが残る

スイングフォームの改造中とのことで、テイクバックで胸が開くように、肩甲骨を後下部に引き寄せる筋トレを伝える

肩前部の痛みは関節胞損傷も視野に入れながらの施療となる。

3回目施療、右肩前部にフォロウスルー時に痛みが残っている。大胸筋上部筋を緩めると痛みは消失した。

 

右肩の痛み、ゴルフのレッスンプロ 2ヶ月ほど前から肩前部に痛みがあり、今は全体が痛くフォロースローが十分に取れず右手を離してしまう。

初日、肩甲下筋・上腕二頭筋上部腱・棘下筋・小円筋に圧痛あり。

二日目、上腕二頭筋上部・棘下筋に圧痛は絞られる。

改造中のフォームから見ると、肩甲骨の位置が上前部に引かれているため矯正の筋トレを伝える。

同時に、棘下筋強化の筋トレを伝える。肩甲骨の位置により、テイクバックで胸が開けずこれをカバーするために棘下筋に過緊張をしいてるものと考えられる。上腕二頭筋上部腱の痛みはダフリの時に生じたものと思われ、間接包の損傷も疑われる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です